自分にとっては”当たり前のこと”でもどんどん世間に発信していくべき理由

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

「こんな当たり前のことを世の中に向けて発信していいのだろうか。」

ブログやSNS、youtubeなどを使って何らかの発信をしている人なら一度は考えたことがあることなのではないだろうか。

結論を先に言ってしまうと、「どんどん発信しろ。」というのが私の考えだ。

以下、その理由を述べていく。
 

 

①自分にとっての当たり前と他の人の当たり前は違う

まず、その話が本当にありふれた当たり前のものであるかどうかは、かなり怪しい。

あなたにとっての当たり前のことであっても、他の人にとっては目から鱗が出るような話かもしれないのだ。

人は往々にして、自分の中で何度も反芻(はんすう)したアイデアを低く見積もってしまう傾向がある。

だからこそ世の中に発信するときに「何か目新しい話はないか」と考えてしまうのだ。

例えば私は一般企業でサラリーマンとして働く人の話を聞くのが好きだ。

「是非あなたの仕事についてインタビューさせてほしい」と言うと彼らは決まって「話せるような面白いことなんて無いよ。」と言う。

しかし、彼らの話は面白い。

芸能人でもアスリートでも一発当てたIT企業の社長でなくても、働く人の話は面白いのだ。

それでも多くの人が、「珍しくもない職に就いている自分の話なんて」と考えてしまうのだ。

宝石は、あなたの頭の中にあるにも関わらず。
 

 

②当たり前の話でも、伝え方次第で化ける

たとえ当たり前の話であっても、伝え方が変わればそれは新しい話なのだ。

ハリウッドでは「儲かる映画の方程式」のようなものが既に出来上がっていて、後は細かな設定やキャストなどを変えていけば安定してヒット作が作り出せるという。

考えてみればハリウッド映画は「未曾有の危機に襲われた地球を救う主人公もの」や「FBIなどの特殊捜査官と凶悪犯罪者が繰り広げるド派手なカーチェイスもの」など、定番の設定をちょこっといじったような作品が多い。

もしかしたら世の中にある物語のパターンというのは既にほとんど出尽くしていて、後は「どのようにして伝えるのか」という段階に入っているのかもしれない。

 

世間に何かを発信するというのも基本的には同じことだ。

今まで誰も思い付かなかったような革新的な話というのは、そうそうない。

差別化を図るためには、「どのようにそれを伝えるのか」というところに力を入れるしかないのだ。

 

ありきたりな話を伝え方次第でオンリーワンのものにする方法がひとつある。

それは、「あなた自身のストーリーを付け加える」というものだ。

これに関しては、①の部分で私が似たようなことをしている。

自分にとっては当たり前の話でも、他の人にとっては違うかもしれないという話に続いて、「例えば~」と自分の体験談へとつなげているのだ。

このように自分の体験談を織り混ぜると、ただの一般論なのに”それっぽい話”のように聴こえてしまう。

立派な話をする必要はない。”立派に聞こえるように”話そう。
 

 

③そもそもアウトプットをすることに価値がある

世の中的にはありふれていてあまり価値がないような話であっても、自分の意見を発信するという行為そのものに価値がある。

自分の考えを発信し続けてくるをと、自分の考えに近い人や共感してくれた人が近寄ってくるようになるのだ。

特にインターネットが発達して簡単に人と繋がれるようになった現代において、このメリットは理解されやすいもののように思える。

ブログやSNSなどで自分の好きなことを呟いていたら、同じようなフォローしてきて仲良くなったという経験がある人もいるのではないだろうか。

こういった感じで自分を理解してくれる人が増えると、人生は格段に生きやすくなる。

世間に自分の意見を発信するということは、「自分はこういう人間ですよ」というのを伝える作業であり、これをすることによって味方を増やしていくことができるのだ。
 

 

補足しておくと、私は決して盗作を推奨している訳ではない。

誰かが本やネットで書いていたことをそのままコピペして自分が考えたかのように発表するのは当然だが著作権の侵害にあたる。

今回のはあくまでも、「自分の頭の中にある、ありふれたように思える話」についてのことだということは分かっていただきたい。
 

最後に、今回の話事態も正直言ってよくある話だ。

「自分にとっては当たり前に思えることでも他者にとっては価値がある」という趣旨の話は、ネットで検索すればたくさん出てくるだろう。

しかし、今回の記事には自分にとっての自戒という意味も込められている。

頭で分かっていても「当たり前に思える話」を発信するのは躊躇してしまいがちだからこそ、こうして当たり前に思える話を世間に向けて発信してみた次第である。

 

 

 


Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  






【投げ銭のお願い】
記事が面白かった、ためになったという方は是非【foryourreference2018@gmail.com】宛にAmazonギフト券での投げ銭をお願いいたします。(最低15円から送れてコメントも送付できます。)頂いたAmazonギフト券は、当サイトのコンテンツを充実させるための取材費に使用させていただきます。