収益0のサイトでも120万円で売れる!?サイト売買のススメ

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

 

アフィリエイトとは自分のサイトを経由して商品やサービスを紹介することによって、紹介料を稼ぐビジネスです。

アフィリエイトの初期費用としてかかるお金は、サイトのドメイン取得料金とレンタルサーバー代くらいしかありません。

 

固定費も、ドメインとサーバーの維持費に月千数百円かかるくらいです。

他のビジネスの様に、商品の在庫を抱えることもなければ、オフィスの賃料を払う必要もないのです。

こういった理由から、アフィリエイトはリスクが非常に低いビジネスであると言われています。

しかし、それでもアフィリエイトは途中で挫折してしまう人が非常に多いのです。

彼らの多くは、稼げるようになるまでの大変さに耐えられなくなり、アフィリエイトを辞めてしまうのです。

 

“日本アフィリエイト協会”は、2018年の2月16日に1000人のブロガー・アフィリエイターに対してアンケート調査を実施しています。

この調査結果によると、アフィリエイトで月に3万円以上稼げているブロガー・アフィリエイターは全回答者のうち5.7%しかいなかったそうです。

ちなみにこれは2013年に調査を始めて以来一番高い数字であったようです。

 

これがアフィリエイトの現実です。

副業として細々とやっている人が多いとはいえ、ほとんどの人が月3万円の壁を破れずにいるのです。
 

 

 

サイト売却というExit(出口)

しかし、僕は「時間の無駄だからアフィリエイトはやらない方がいい。」と言いたい訳ではありません。

むしろ、「稼ぐのがどんなに難しくもアフィリエイトをやるべき」というのが僕の主張です。

それは、アフィリエイトには「サイト売却」というExit(出口)があるからです。

サイト売却とは、自分が所持しているWEBサイトを他人に売り渡すことです。

こういったサイトの売買が成立するのは、サイトが所有者に定期的な収入を与えてくれるという資産価値があるからです。
 

また、サイトの売却価格は、1ヶ月の収益×12ヶ月分+αぐらいが相場だと言われています。

つまり、サイトを売却して1年前後で元が取れるくらいが適正価格だということです。

「じゃあ、そもそもある程度稼げてるサイトを作れないと、売却することは出来ないんじゃ?」と思われるかもしれませんが、そういう訳ではありません。

たとえ収益化できていないWEBサイトであっても、買い手が現れることがあるのです。
 

 

 

収益がほぼ0にもかかわらず買い手が現れるサイト

【サイト売買Z】というサイト売買仲介サービスの案件一覧ページにて、売買契約がすでに成立しているサイトの情報を見ることができます。


画像出典:サイト売買Z

 

中には収益がほぼ0、もしくはマイナスであるにもかかわらず売買が成立しているサイトがいくつかあるので、その事例を紹介します。

※サイト上で公開されているのはあくまでも売り手の希望価格であり、買取希望者との価格交渉の末にいくらで売買されたのかを表すものではありません。ただ問い合わせ件数が多い人気のサイトほど、希望価格通りに売却できる可能性が高くなる傾向にあります。

 

例えばこちらは美容とアンチエイジングに関するサイトです。

画像出典:サイト売買Z

営業利益は-1000円で希望価格は30万円になっており、20件の問い合わせの末に成約済みとなっています。

 

こちらは男性のコンプレックスに関するオウンドメディアです。


画像出典:サイト売買Z

営業利益は-1800円で、希望価格は55万円になっており、9件の問い合わせの末に成約済みとなっています。

 

こちらは洗濯・掃除の総合メディアです。


画像出典:サイト売買Z

営業利益は5,539円で、希望価格は120万人になっており、4件の問い合わせの末に成約済みとなっています。

ほぼ収益0、ましてやマイナスであるにもかかわらずそこそこの値段で買い手がつくのは、そのサイトのコンテンツに価値があるからです。

サイトのコンテンツがしっかりしていれば後々収益化させることができ、買い手は元を取ることができるのです。

つまり、サイトは現在価格だけでなく、将来性の観点からも評価されて値段がつけられるといことです。

これが、収益化できていないサイトでも売却することができる理由です。
 

 

 

出口を意識しながらアフィリエイトをする方法

そもそも他の多くのビジネスにおいては、収益化に失敗するということは損失をだすということです。

それがアフィリエイトの場合は損失がないだけでなく、サイト売却をすればまとまったお金が手に入る可能性があるのです。

ローリスクかつこんなExitが用意されているビジネスは、アフィリエイトの他にはまずないでしょう。

ただし、最終的なExitを確保するためには、以下のような点に気を付けながらアフィリエイトサイトを作る必要があります。

・無料ブログを使わず、独自ドメインの取得やレンタルサーバーとの契約をした上でwordpressなどのCMSを使い、サイトを作る。
・良質なコンテンツを作る。
・時事ネタはなるべく使わず、数年後に読んでも違和感がない文章にする。
・記事の執筆は匿名で行い、サイト管理人のキャラクターを全面に押し出したコンテンツを作らない。

 

上記のようなことを意識したサイト作りができていれば、たとえ収益化が上手くいかなかったとしても、サイト売却で利益を出すことができるのです。
 

「アフィリエイトなんて今さら儲からないでしょ」と思っている人は、一度Exitを見据えたサイトづくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
 

 


Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  






【投げ銭のお願い】
記事が面白かった、ためになったという方は是非【foryourreference2018@gmail.com】宛にAmazonギフト券での投げ銭をお願いいたします。(最低15円から送れてコメントも送付できます。)頂いたAmazonギフト券は、当サイトのコンテンツを充実させるための取材費に使用させていただきます。